社 名:テイ・エス プレス エンジニアリング株式会社
代表取締役:石川 喜久
創 業:昭和39年(1964年)8月1日
事業内容:プレス 金型 設計製作
資本金:1000万円
住 所:〒955-0022 新潟県三条市上保内甲802-1
TEL:0256-38-4669
FAX:0256-38-7485

>> 設備一覧はこちら


企業理念・企業方針

企業理念1.社会貢献すること
2.従業員に役立つ会社であること
3.株主が喜ぶ会社に育てること

行動指針】・信頼と信用があって成り立つ会社であることを忘れないようにしよう
・お客様には、お客様の期待以上のものを提供しよう
・大きな会社、儲かる会社よりも、変化に強い会社にしよう
・みんなで考え、みんなで造り、みんなで喜び合おう
・苦しい事、難しい事から逃げるな、逃げれば前に進めない
・現場に足を運び、「現場・現実・現物」から目を離さないようにしよう

【環境方針】当社が事業活動を行うに当たり、環境に関する法規制、条例等の遵守をはかり、環境汚染の防止活動を展開します。
また、環境活動の目的・目標を定め、全員参加で計画的に取り組むことにより、豊かな地域社会、地球環境の実現を目指します。

SECURITY ACTION

弊社は「情報セキュリティへの取組み」を積極的に行っております。

その一環として「独立行政法人情報処理推進機構(IPA)」が、安全・安心なIT社会を実現するために創設した中小企業自らが情報セキュリティ対策に取組むことを自己宣言する制度である「SECURITY ACTION」の趣旨に賛同し、SECURITY ACTION(セキュリティアクション)2つ星(★★)を宣言しております。

>>SECURITY ACTION についての詳細はこちら (IPA Webサイト)


会社沿革

1964年 8月渡辺政三が三条市林町で建築金具用金型製作を開始し、「渡辺工作所」を創業
1971年 4月トランスファー金型製作開始
自動車部品用金型製作開始
1975年 8月新潟県三条市塚野目に工場新設し移転
1978年 3月順送金型の製作開始
1978年12月組織および商号を変更し、資本金1,000万円にて株式会社渡辺工作所を設立
代表取締役社長に渡辺政三が就任
1982年 3月新潟県三条市上保内に工場を購入し移転
マシニングセンタ、およびトライ用150tonプレス機導入
1983年 4月工場増設し、NC倣いフライス盤導入、マシニングセンターおよびワイヤ放電加工機増設
1988年 5月2次元CAD導入
1998年 4月第二工場を新設
トライ用250tonプレス機(KOMATSU製)、3次元CAD/CAM、3次元測定機(ミツトヨ製)導入
2003年8月第三工場を新設 トライ用800tonプレス機(AIDA製)および1,300mmレベラー(DATE製)、門型マシニングセンタ (OKUMA製)導入
2006年 2月成形シミュレーションシステム(ASTOM P-form)導入
2010年 5月代表取締役社長に梅津誠が就任
2016年 7月大型ワイヤ放電加工機(MAKINO製U86)導入
テイ・エス テック㈱ に㈱渡辺工作所の全株式を譲渡し、テイ・エス テック㈱ の子会社となる
2017年6月株式会社C-PRESTOに社名変更
2018年 4月金型設計システム3D設計へ移行
2018年 9月マシニングセンタ (OKUMA製MILLAC611VⅡ)導入
2019年 5月非接触測定機(ATOS Compact Scan 8M)導入
2019年 12月マシニングセンタ (OKUMA製MILLAC611VⅡ)導入
2023年4月テイ・エス プレス エンジニアリング株式会社に社名変更

アクセス


テイ・エス プレス エンジニアリングバーチャルツアー (360°画像)

・画像上でドラッグすると、画像が360°回転します。
・画像右上の「← →」をクリックすると、建屋の移動が行えます。